2015年12月号

人きらっとひかる

黄金色の名湯と心に残るおもてなしで
真田ゆかりの松代を盛り上げます

小柳 司さん
一般社団法人 長野市開発公社 国民宿舎 松代荘 支配人

 成分の濃さ、湯量とも全国有数の名湯として知られる松代温泉。長野市民にも愛されている国民宿舎 松代荘は、全国の国民宿舎の利用率ベストテン(平成26年度 第9位)に入る宿です。人気の秘密は、効能豊かな黄金色の源泉に加え、来訪者が「また来たい」と感じるこまやかなおもてなしにありそうです。支配人の小柳司さんが取り組んできた数々の挑戦に耳を傾けてみましょう。

「黄金色の源泉」は
効能豊かな本物の名湯だった!

 松代温泉と聞くと、鉄分の多い黄金色の湯を思い出す長野市民は多いことでしょう。実際、こんこんと湧き出る透き通った源泉が空気に触れてみるみる黄金色を宿していく様子は、とても神秘的で、温泉の力を期待させます。
 「古くから市民の皆さんに愛され、傷や痛みを治す効果が高い温泉という認識はあったのですが、それがなぜなのか科学的に説明できないのがもどかしかったのです」。国民宿舎 松代荘の支配人を務める小柳さんは、副支配人時代を振り返ります。
 宿泊専用の浴場を設けるのと期を同じくして、認定試験がスタートした「温泉療養指導士」の資格をさっそく取得。源泉の温度の高さ、含有成分の内容や濃度、源泉湧出量、いずれにおいても、松代温泉がたぐいまれな名湯であることを再認識したのです。また、肌を滑らかにする成分も確認。数年前からは精神安定の効能も注目されています。
 実は、松代荘利用客の忘れ物に多いのが「杖」なのだとか。「おいでになる時にお使いになっていた杖が、お帰りには必要なくなったかと思うと、うれしいような、困ったような…」と、小柳さんも苦笑い。成分の濃さと効能は、実際に入浴した人々が身をもってご存じのようです。

自分自身が“素材”となって
情報発信とおもてなし

武家屋敷風の平屋造りが風格ある国民宿舎 松代荘。日帰り利用者と宿泊者の浴場が異なる点も好評

  柳さんが国民宿舎 松代荘の支配人に就任して丸10年が経過しました。小柳さんにとって、また、松代荘にとって、挑戦の10年だったといってもいいかもしれません。
 温泉療養指導士となった小柳さんは、広報活動やマスコミ出演だけでなく、講座、講演などを通じて温泉の魅力をアピール。自ら「PRの素材」となって、松代荘の情報発信に努めてきました。
 また、利用者がより心地よく過ごせるよう、おもてなしもグレードアップ。それまで午後4時で終了していた日帰り入浴を午後10時まで延長、宿泊客には部屋までポーターが同行し、食事や宴会の会場でもスタッフがこまやかに対応します。他にも地元産の食材の提供、オリジナリティあふれるおみやげ物の販売など、数々の取り組みで利用客の心をつかんだのです。時には、自ら作務衣を着てフロントに立ったり、キャラクターの中に入ってお客様と対応したりすることもあります。スタッフの方々とも息の合ったこうした取り組みが効を奏し、昨年、全国に105ある国民宿舎の第9位にランクイン。客室稼働率8割という驚異の業績を打ち立てています。

「歴史の町 松代」の
にぎわいにも貢献

自噴の湯量が豊富なうえ、泉温が45.2℃と高く、内湯、露天風呂とも源泉かけ流し100%を満喫できる

 小柳さんは、真田宝物館、松代城跡をはじめとする松代町内の歴史的な文化遺産を守り、PRする松代文化施設管理事務所の委員も務めています。来年、真田幸村が主人公のNHK大河ドラマが放送されることもあり、真田氏の城下町だった松代に改めて注目が集まっています。
 松代温泉は武田信玄の隠し湯でしたが、真田一族も元は信玄の家臣。「真田ゆかりの地に湧く黄金の名湯として、他の文化施設同様、歴史の町・松代のにぎわいに貢献していきたいと考えています」。
 真田ブームが期待される来年、松代、そして松代荘を訪れる人々に心から楽しんでもらおうと、小柳さんもスタッフの皆さんもアイディアに満ちた取り組みを検討中の様子。松代荘でどんなおもてなしに出会えるか、とても楽しみです。

 

事業所名:国民宿舎 松代荘
開  湯:戦国時代と伝えられる
開  設:1964(昭和39)年
業務内容:温泉宿泊施設・温泉日帰り入浴施設
収  容:宿泊36室152名 休憩100名
所在地:長野市松代町東条3541 TEL 026-278-2596
URL:http://www.matusirosou.com/

長野市出身。長野県職員として勤務後、長野市開発公社職員となり、1999(平成11)年にフロント主任として松代荘に赴任。2006(平成18)年第1期温泉療養指導士に認定され優勝賞を受賞。同年より支配人に就任。アロマテラピーアドバイザー、リフレクソロジー施術者の資格も有し、松代荘および各地で講師・パネリストとして温泉講座を展開。メディアにも多数出演し、松代温泉の効能や温泉の楽しみ方をアピールしている。


ページ: 1 2 3