クラウド実践事例を発表して自社のブランディング力をアップ!全国中小企業クラウド実践大賞2021ご案内

2021年07月02日


今年も全国中小企業クラウド実践大賞が実施されます。

本賞は、中小企業等のクラウドサービス利活用状況の見える化、実践事例をコンテスト形式で共有することで、地域の中小企業等によるクラウド活用の取り組みを加速することを目的として、クラウド実践大賞実行委員会が主催となって開催しています。

 

参加者には、評価結果に応じたロゴマークが提供され、クラウドサービスを活用した新規事業や生産性向上・経営効率化の取り組みを、ホームページや会社案内等でアピールできます。

 

過去受賞企業は、中小企業白書2021への掲載や地方紙への掲載などの実績や、クラウド実践大賞実行委員会の構成員団体が主催するセミナーへの登壇などの実績があります。

また、クラウド実践大賞参加企業同士の繋がりができ、さらに自社のクラウド活用が促進されます。

 

自社のクラウド活用を後押しするきっかけに、自社のクラウド実践を全国にアピールするきっかけに、ぜひご応募ください!

 

<応募の流れ>

5月10日「自己宣言」「クラウド実践コンテスト」受付開始

8月13日「クラウド実践事例」登録受付締め切り

8月下旬 全国中小企業クラウド実践大賞地方大会登壇企業発表

9月   全国中小企業クラウド実践大賞地方大会観覧者募集開始

10月  全国中小企業クラウド実践大賞地方大会

九州・沖縄大会. 10月13日

近畿・中国・四国大会. 10月14日 

東海・北陸大会. 10月20日

北海道・東北大会 10月21日 

関東・甲信越大会 10月27日

12月   全国中小企業クラウド実践大賞全国大会

※地方大会および全国大会ともにオンラインで実施いたします。

 

<対象者>

中小企業者、小規模事業者

 

<応募方法>

公式サイト(https://cloudinitiative.jp/)の専用フォームよりご応募ください。

 

 

主催:クラウド実践大賞実行委員会

(構成員)日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会

    (一社)クラウド活用・地域ICT投資促進協議会【事務局】

    (一社)クラウドサービス推進機構

    (一社)日本デジタルトランスフォーメーション推進協会

公式サイト:https://cloudinitiative.jp/

 

<お問い合わせ先>

クラウド実践大賞実行委員会

メール:info@jdxa.org