2018年2月号

人きらっとひかる

「未来へ繋ぐ平和の灯り」をテーマに
伝統と新たな魅力を世界へ発信

早川 芳弘さん
第十五回 長野灯明まつり実行委員会 事務局長
有限会社早川美容商事 サロン企画部 マネージャー

 長野の冬の風物詩として定着した「長野灯明まつり」。15回目を迎える今年の開会を控え、実行委員会の事務局長を務める早川芳弘さんは期待と緊張のなかにいます。広く知られるようになったまつりを将来まで長く続く伝統にしてつないでいこうと、数々の新しい取り組みに挑んでいるのです。五輪の精神「平和」を灯りに託し、まつりは間もなく始まります。

1年前から入念に準備

灯明まつり期間中、善光寺の主要な建物が五輪にちなんだ5色の灯りで幻想的に照らし出される善光寺。本堂も神秘的な美しさをまとう
1年中で最も寒い2月上旬の長野を彩るイベント「長野灯明まつり」が、この冬も7日㈬から12日(月・祝)の日程で開催されます。
 今年は第15回という節目であると同時に、平昌五輪(2月9日㈮~25日㈰)が開催される特別な年。長野五輪開催をきっかけに、五輪の精神である「平和」を、仏都長野市から発信する取り組みとしてスタートしたこのまつりにとって、平昌五輪は平和への想いを再認識する絶好の機会となります。また、マンネリ化することなく、今後もずっと続いていくまつりにしていくために、15年という区切りは重要な契機。この大切な年に実行委員会事務局長として采配を振るっているのが、早川芳弘さんです。
 事務局長はこれまでも毎年、青年会議所のメンバーが務めてきましたが、毎年12月に組織改編となる規約上、事務局長の任命を受けてから約4カ月。それでは前回を踏襲するのがやっとという反省から、任期を見直し。昨年、副事務局長を拝命した早川さんは、事務局長を助けて運営に携わり、まつり終了後も8カ月にわたり次期事務局長として企画の立案、実行への下準備を行ってきました。その成果が間もなく発揮されようとしています。

長野市街地全体を
巻き込むまつりに

公募によって全国から集められた切り絵作品を灯ろうにした「灯り絵常夜灯」。初日の2月7日にコンテスト開催
 今回の灯明まつりの大きな特徴は、これまでにない、いくつもの新しい取り組みが行われること。その1つとして、中央通りにスノーボードのジャンプ台が設置され、プロボーダーによるパフォーマンスが披露されます。
 「長野、平昌、両方にちなむオリンピックイベントとして、スポーツの要素を取り入れました。灯明という厳かなイメージの強いまつりですが、その伝統は大切にしながら、せっかく訪れた人々に長野を楽しんでもらうことも、まつりの魅力を増すことになると思ったのです」と、早川さん。さらに、善光寺周辺だけでなく、長野市の中心市街地を広く巻き込んだ「灯明バル」の開催や、善光寺とオリンピックを題材にした新しい創作物語による、回遊性のある謎解きイベント、善光寺境内で5日間にわたって行われる「ゆめ演奏会」など多彩です。全国的なPRを兼ね、クラウドファンディングによる資金調達の取り組みにも挑戦しました。
 「変えることなく引き継いでいくべき伝統と、新たな楽しみとをバランスよく組み合わせながら、灯明まつりをより魅力的に育てていきたいと思うのです」。 

美容の老舗として
業界の活性化をサポート

 早川さんの本業は美容ディーラー。企画マネージャーとして、美容室の活性化や美容師の技術レベル向上に取り組んでいます。
 その人脈を生かし、春に開催された「善光寺花回廊」では着物ファッションイベント「ナガコレ」の運営に携わり、成功に導きました。
 「戦後になってようやくスタートを切った美容業界はまだ歴史が浅く、40年続いている美容室さんは歴史がある方です。しかし、営業年数にかかわらず、今はどこも時代の変化に対応するむずかしさを実感し、続けていくために苦心しているんです」。だからこそ有益な情報を提供したり、新たな試みへの挑戦を支援したりすることに、早川さんは使命感を持って取り組んでいるようです。加えて、早川さんの会社は今年で創立70周年。永続していく企業に向けた新たな取り組みが、早川さんの肩にかかっています。それは、早川さん自身の灯明まつりへの取り組みとも重なるように見えました。
 

組 織 名 長野灯明まつり実行委員会
所 在 地 長野市七瀬中町276 長野商工会議所3階 〈事務局所在地〉長野市鶴賀問御所町1271-3 TOiGO WEST 2階 TEL 026-259-1005
U R L http://www.nagano-toumyou.com/

事業所名 有限会社 早川美容商事
創   業 1948(昭和23)年
業務内容 美容ディーラーとして長野県、新潟県の美容室の活性化をサポート。サロンで使用する機器、プロ用商品の販売ならびに美容師のスキルアップセミナーなどを展開。
所 在 地 長野市稲葉南俣2487-2 TEL 026-227-1800
U R L http://hayakawa-cosme.com

1980(昭和55)年、長野市出身。東京で美容関係の仕事に就き、4年間の修業を経て帰省。家業の美容ディーラーでサロン企画部マネージャーとして勤務。今年創業70年を迎え、地域の美容業界の活性化につながる活動に意欲を見せる。また、長野青年会議所の活動の一環で前回の長野灯明まつりで実行委員会副事務局長、今回事務局長を務める。


ページ: 1 2 3