千葉・東京方面視察研修

2016年07月21日


商業振興委員会・一般商業部会・長野販売士協会は合同で、7月21日(木)~22日(金)に最新商業施設の視察研修を開催しました。

1日目は、今年4月25日にオープンしたセブンパークアリオ柏を視察し、概要説明を受けたのちに館内見学をしました。当日は雨にもかかわらず、大勢の買い物客で賑わっており、年間1300万人を見込んだ来場者数も1500万人に上回る見込みとの説明がありました。

2日目は、東急プラザ銀座と東京駅に隣接したヤマダ電機の新戦略店「Concept LABI TOKYO」を視察しました。

参加者は2日間の視察研修で、いかに消費者の動向や需要を素早くキャッチするか、テナントは核店舗のイベントに便乗し売り上げ向上をどのように図るか、最近の店舗の内外装についての傾向を学び見識を広めました。