2015年5月号

人きらっとひかる

寺久保 尚哉さん

「再生」の目線と取り組みが
新しい文化交流の動きを呼び起こす

寺久保 尚哉さん
NPO法人 長野門前創造会議 理事長
株式会社リファーレ総合計画 代表取締役

 北陸新幹線の延伸開業でわずか1時間の距離となった長野と金沢。身近な交流が期待される中、長野、金沢のまちづくりNPOが共同で制作、発行した小冊子が注目されています。テーマは「リノベーション」。発案者の寺久保尚哉さんを中心とするNPO法人長野門前創造会議が提案する交流の視点や取り組みは、長野に新しい文化の流れを呼び起こしています。

「リノベーション」を切り口に
ユニークなまち案内

 注目の冊子とは『まちるん・長野×金沢 リノベトラベル』。「リノベーション(再生活用)」と「トラベル(旅)」を組み合わせた名称で、改装や修景工事で生まれ変わった長野、金沢の各24軒の店舗や施設を紹介しています。
 「長野の人にとって金沢といったら兼六園と香林坊。一方、金沢の人たちは長野と聞いても軽井沢と自然くらいしかイメージできません。でも実は金沢と長野には共通点が多いんです」と、冊子の発案者でNPO法人長野門前創造会議の理事長・寺久保尚哉さん。城下町と門前町の違いはあるものの、歴史に培われた土地柄、入り組んだ細い路地、古い建物を再生した施設が増えていることなど、よく似た点がいくつもあるといいます。
 それに気づいたのが、昨年の春。寺久保さんが金沢在住だった10年あまり前から交流のある金沢の知人たちを案内し、善光寺門前界隈を散策した時のことでした。知人の中にはNPO法人金沢観光創造会議のメンバーも。「小路を歩き、院坊や門前の商家を見ては驚く彼らの反応が新鮮でした」。観光地をめぐるだけでなく、散策を通じてまちの魅力やおもしろさを発見する、新しい旅の楽しみを提案しようと、彼らと共同で発刊したのがこの冊子です。

まちに新しい息吹きを注ぐ
プロジェクトとNPO活動

新小路の両側に並ぶ事務所・倉庫群をリノベーションした「SHINKOJI」各棟。カフェ、店舗、ホール、アトリエ、オフィスなどが入居し、善光寺門前の新しい立ち寄りどころとなっている

 寺久保さんは全国展開のゼネコンで、大型マンションの建設を中心に都市を開発する業務に長年携わってきました。しかし人口が減少し、経済も人の価値観も変容していく時代の中で、「昔からあるものに手をかけて大切に使っていく」方向性に確信を持つようになり、長野で独立。リノベーションを主軸とする会社を設立しました。
 2012年には、善光寺門前の路地「新小路」の両側に並ぶ元文具卸会社の本社・倉庫群をリノベーションして一帯の再開発を図る「SHINKOJIプロジェクト」を始動。不動産関係者、建築士、法律家、デザイナーなど、さまざまな分野の人々と企画を練り合い、4棟の建物にカフェ、シェアオフィス、シェアハウス(賃貸住宅)、ホール、シェアアトリエなどが入居する「まち」ができました。
 また、門前界隈で地域の活性化に取り組む人、リノベーションに取り組む建築家、再生した建物で新たなにぎわいを生み出している店主、クリエイターらと共に「何か前向きな活動を」と、NPO法人長野門前創造会議を発足。『まちるん』発行は、その最初の事業です。制作発表会を兼ねて今年2月に実施した金沢との交流セッションでは、金沢との親交を深めていく具体的な取り組みを話し合いました。さらに、「門前で門前の人に門前を学ぼう」をコンセプトとしたワークショップ的な学びの場もスタート。これまで長野になかった新しい文化交流が、確かな歩みを始めています。

「住」に焦点を当てた
まちなか再生へ

観光客に新しい旅を提案する『まちるん 長野×金沢 リノベトラベル』。まちづくり関係者からの問い合わせも増えている

 リノベーションが注目され、善光寺門前は昨今、店舗を持ちたい人、事業をしたい人などがすすんで集まるエリアとなっています。「しかし地域が本当に活性化するためには住む人を増やさないと」と、寺久保さん。高度成長期とは違う今の時代に合う暮らしの環境を提案し、人が住みたくなるまちづくりに貢献したいと話します。
 門前をはじめ中心市街地には、もったいない使い方をしている土地・建物がたくさんあるのだとか。「当事者にもったいないことに気づいてもらわなくては。都会化し過ぎなかったからこそ残るまちの風情を生かしつつ、変化をおもしろいと感じてもらえるような取り組みをしていきたいですね」。寺久保さんの頭の中で始まりつつある次の新たなプロジェクトが、どんな「まち」に結実していくのか、とても楽しみです。

 

NPO法人長野門前創造会議 事業所名:NPO法人長野門前創造会議
創  業:2014(平成26)年12月
業務内容:情報誌「まちるん」の発行を通じた地域活性化の支援
事業所名:株式会社リファーレ総合計画
創  業:2009(平成21)年4月
所 在 地:長野市東町142-2 SHINKOJI北棟2F TEL 026-217-0555
業務内容:建物再生・土地再生等によるまちなか再生事業/不動産分譲・仲介
事業企画立案・飲食・物販/SHINKOJI北棟・西棟の運営
U R L:http://rifare-web.com/

下諏訪町出身。全国展開の不動産デベロッパー、ゼネコンで営業開発に携わり、金沢、長野支店長を経て独立。長野市に株式会社リファーレ総合計画を設立し、「SHINKOJI」をはじめ古い建物や土地に新たな付加価値を創造する、まちなか再生事業に取り組んでいる。また、NPO法人長野門前創造会議を立ち上げ、門前界隈の文化的なにぎわいに尽力。金沢のNPOとも共同して活動中。


ページ: 1 2 3