会頭あいさつ

北村会頭長野商工会議所は、明治33年(1900年)5月に長野県内2番目の商工会議所として創立以来、商工会議所法に基づく地域総合経済団体として、地域経済の発展はもとより、社会一般の福祉増進のため、様々な事業活動を推進してまいりました。

長野商工会議所では、北陸新幹線(長野経由)の金沢延伸と7年に一度の盛儀「善光寺御開帳」の開催を契機に、「輝きつづける都市(まち)、長野」をスローガンに掲げ、長野のまちの魅力を更に高めるため、まちづくりや市民のおもてなし力の向上を図るための「NAGANO検定」の実施をはじめとする各種施策を通じて、御開帳後も再度訪れたくなる街「長野」を目指します。

また、インターネットをはじとするIT技術の発達により、インターネットを活用したビジネスモデルが中小零細企業にとっても重要になってきていることから、所内にITプロジェクトを立ち上げ、中小規模零細企業においても、スマートフォンやタブレット端末等のIT機器を活用したビジネスモデルが確立できるよう支援を進めて参ります。

長野商工会議所は、今後も会員企業の頼りになる商工会議所として、政策提言活動の強化、中小企業の経営支援、各種イベントを通じた地域活性化策についての各種事業に積極的に取り組んで参りますので、皆様方の温かいご支援・ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

長野商工会議所 会頭 北村正博