2020年12月号

人きらっとひかる

誰も見たことがない映像で
信州のアウトドアを盛り上げる

 

株式会社GOAT 代表取締役

山岸 惇さん

 

 山岸惇さんは、一眼レフやドローンを片手に〝体験しながら撮影する〟ことにこだわるアウトドアカメラマン。日本屈指のポテンシャルを誇る山岳エリアでのアクティビティに特化した撮影を行い、信州のアウトドア&アクティビティをエンターテインメントとして盛り上げていこうと、今日もフィールドの最前線で精力的に活動を続けています。

復興花火を
ドローンで空中から撮影

地附山公園で打ち上げられた復興花火では、ドローンによる空中からの撮影を実施。YouTubeでライブ配信された

 台風19号豪雨災害から約1年が過ぎた11月3日18時30分、千曲川流域で一斉に花火が打ち上げられました。これは、被災地の復興やボランティアへの感謝、そして新型コロナの早期終息への願いを込めた〝希望の花火〟であり、当会議所が発起人となって開催されたものです。千曲川流域12市町のうち、長野市では地附山公園ほか6か所が打ち上げ会場となりました。ユーチューブでもライブ配信され、多くの方の心に希望の灯をともしたこの映像をドローンで空撮したのが、アウトドア撮影隊「GOAT」を主宰する山岸惇さんです。
 「復興の願いを込めたものなので、ただ美しいだけでなく、映像芸術として皆さんの記憶に残る作品にしたいと努めました。長野市街を見渡す迫力ある夜景とともに素晴らしい映像が撮れたと思います」。
 実は山岸さんは、アウトドアをキーワードに信州の魅力をウェブサイトやSNSで発信した第一人者でもあります。その原点は、20代の頃。長野市内の出版社で営業マンとして県内を駆け回っていた時、取材を通じて信州のアウトドア&アクティビティのポテンシャルの高さを確信。広く県内外や国外にもアピールし、〝絵力〟で訴求したいと辿り着いたのが、アウトドアカメラマンとしての道でした。

誰もやっていないことを
誰よりも先に、が強み 

カメラやドローンなどの撮影機材は、機動力が高く、大きなスケールで撮影できるものを愛用

 カメラは独学だったそうですが、中学1年の時から始めたスケートボードのDVDを仲間と制作するなど、学生時代から映像表現の経験値は十二分に積んできました。これまで撮影したアクティビティは、マウンテンバイクやラフティング、トレイルランニング、カヌー、スケートボードなど、枚挙にいとまがありません。信州の山岳エリアを縦横無尽に駆け巡る映像に、フェイスブックなどのフォロワーも増えて、アウトドアブランドの「THE NORTH FACE JP」やテレビ局などからも次々と仕事の依頼が舞い込むように。毎日忙しい日々を過ごされる様子に、お休みはあるのかと尋ねると、
 「僕ら仕事が遊びみたいなもので、休みの概念がないんですよ。次はどんな面白いことをやろうかって、やりたいことが次から次へと出てくるから結果的にスケジュールが詰まっちゃうんです」と、白い歯がこぼれます。
 さらに6年前からはドローンでの撮影も導入。それだけでは満足できず、なんとパラグライダーも始め、〝鳥の視線〟になった撮影にも挑戦しているとか。
 「誰もやってないから、早くやってみたい。その決断力が僕らの強みだと思っています」。

長野県のアウトドアを
エンターテインメント化

 山岸さんと当会議所とのおつきあいは、8年前。ウェブサイトを立ち上げるにあたって、運営資金の助成を求めたのが最初だったそうです。
 「相談員の方には、面白いねって理解してもらえてサポートしていただきました。法人化する際も真っ先に訪ねていきました。今まで縁がなかった場所でしたが、こういう温かい相談員さんがいるんだと思って、イメージがだいぶ変わりましたね」と、当会議所の印象を話されます。
 社名のGOATは、「greatest of all time」=「史上最高」の意味から取ったものだとか。
 「史上最高の映像を作らなければ、次の仕事はもらえないという覚悟でやっています。妥協しないで、とにかくフルパワーで、誰も見たことがないカッコイイ映像を追い求めていきたいですね」。
 

 

 

 

 

企  業  名 株式会社GOAT(ゴート)
創        業 2017(平成29)年4月
業務内容 アウトドア撮影、プロモーション映像制作、アウトドアイベントの企画運営など
所 在 地 長野市吉田4-2-9-2 TEL 090-2437-3950
URL https://www.goat-i.com/

1982年松本市出身、長野市在住。出版社の営業マンとして県内を巡るうちに、信州のアウトドアフィールドの可能性に着目。その後、ウェブ制作会社などで情報発信のスキルを積み、独立後はアウトドアカメラマンとして自社のウェブサイトをスタート。現在はカメラやドローンを駆使し、アウトドアの最前線で活動している。

 

 


ページ: 1 2 3