「将来に備えるフットケア 」セミナー開催

2019年10月16日


 当会議所技能サービス部会は、10月16日(水)に、フットケア研究会代表の大杉京子氏を講師に迎え、「100歳まで歩ける足作り 将来に備えるフットケアセミナー」を開催し、10名が受講しました。

 セミナーでは、フットケアに関する現状についてお話があり、病院に足科がない日本は寝たきりの人口が世界一であること、4割の人が偏平足のまま大人になることなど、足のケアをしていくことの重要性を学びました。またトレーニングバンドやテニスボールを使い、自宅でもできる足のケアのやり方を実践しました。

受講者からは「今までやったことのないフットケアで何が大切か分かった」、「現在80歳、90歳まで元気に歩けそう」などの感想が寄せられました。

 

正しい歩き方について説明を聴く受講者