2021年11月号

人きらっとひかる

日本初のサービスを提供
アスリートが挑戦できる環境を創る

 

株式会社 I.D.D WORKS 代表取締役

三橋 亮太さん

 

 元プロサッカー選手で、日本で初めてサッカー選手のための情報プラットフォームサイト「PLAY MAKER」を起ち上げた三橋亮太さん。「アスリートが挑戦できる環境づくりを整備してきた三橋さんは、さらに長野を舞台に地域振興のための新規プロジェクトにも乗り出しています。

今までなかった
サッカー関連の情報サービス

プロサッカー選手として活躍していた頃の三橋さん

 在、社会人男子サッカーのプレイヤー人口はどのくらいかご存知でしょうか。約19万人。そのうち、プロで活躍している選手は0・5%ほどといわれています。約19万人の中には、〝プロになりたい〟〝どこかのチームの一員として活躍したい〟と考えている人々が大勢います。そんな人たちの受け皿として、サッカー選手とチームをつなぐ日本初の会員制情報プラットフォームサイト「PLAY MAKER」を起ち上げたのが、㈱I.D.D WORKSの代表取締役・三橋亮太さんです。
 実は、三橋さんも元プロサッカー選手でした。それが1年で契約満了となり、夢を失うとはどういうことなのかを経験したといいます。
 「引退しても、プロアマ問わず自分が活躍できる場所があるんじゃないか。それをすぐに調べたり、検索できるようなwebサイトがあったら便利だな、と考えたのが始まりです」。
 起業から3年後の2017年には、新たなビジネスやさらなる高みへ挑戦する経営者を応援する「信州ベンチャーサミット」でグランプリを受賞。世間に広く認知されるとともに、高い評価をいただきました。現在、「PLAY MAKER」の登録者数は、選手で約1500人、チームでは約140チームに上ります。

挑戦することの意義とは

いいづなコネクトWESTでの仕事風景。廃校フィットネス「Sent」も運営している
 マッチングの成功例でエピソードはありますか?とお聞きしたところ、意外なことに入団できなかった選手のほうが思い出深いといいます。ある選手はチームには入団できなかったけれど、「自分が納得できるところまで全てやり尽くせたので後悔はありません。次の場所で頑張ります」と、三橋さんにお礼を述べたそうです。
 「彼の言葉を聞いて、挑戦すること、やりきることに意義があるのだなと改めて感じました。その価値観があれば、彼は自分の人生を切り拓いていけると思います」。その価値観こそが、三橋さんが掲げる「スポーツがあって良かった、そんな社会を創る」という企業理念につながるものなのです。
 これまで「PLAY MAKER」では、社会人とチームをつなぐ情報プラットフォームを提供してきましたが、今では進学の岐路に立つ生徒さんの登録も増えているそうです。
 「AO入試(総合型選抜)が増えてきた中で、生徒が得意な分野で自分を表現し、挑戦できるようになってきました。PLAY MAKERのサービスは、生徒と大学をつなぐツールとしても役立つと思うので、今後も力を入れていきたいと考えています」。

アスリートが農業に取り組む
新規プロジェクトが発進

 情報プラットフォームのシステム開発や営業は東京に拠点を置いていますが、本社はあくまで長野にと三橋さんはこだわります。
 「長野に暮らすのがシンプルに好きで、居心地がいいからです。自分が住むまちや地域がなくなってしまったら困るので、強い経営者になって地域を守りたい。AC長野パルセイロにいた時も支えてくれ、今も変わらず応援してくれる人たちのお陰で自分があると思うので、そんな人たちと一緒に何ができるのか考えていきたいですね」。
 この3月からは、三橋さんが住む飯綱町で「お化けむらプロジェクト」がスタートしました。これは、アスリートたちをお化けに例え、お化けが集まる飯綱町でアスリートたちが新たなキャリアとしての〝農業〟に取り組む地域密着型のプロジェクトです。この秋、運営する農園では農産物を収穫し、販売も行われました。彼らをインフルエンサーにして、地域振興を進める事業が、どんなカタチで化けるのか楽しみです。
 

組  織  名 株式会社 I.D.D WORKS
創  業 2014年11月
業務内容 現役アスリートのキャリア開発業務、行政・民間企業に対するスポーツ関連施策のコンサルティング業務、農作物の生産・販売業務、PLAY MAKERの運営、スポーツイベントの企画・運営
所 在 地 本社/長野市若穂綿内8760 TEL 026-274-5823
東京事務所/東京都渋谷区東1-15-11
URL https://iddworks.jp
1987年、神奈川県相模原市生まれ。大学卒業後、AC長野パルセイロ、アルティスタ東御(現アルティスタ浅間)でプレー。引退後、サッカー選手の情報プラットフォームサイト「PLAY MAKER」を起ち上げ、2015年11月からサービスをリリース。今年3月からは、アスリート×農業をつなぐ「お化けむらプロジェクト」をスタートさせた。

 
 

ページ: 1 2 3