2019年2月号

人きらっとひかる

ストーリー性のあるイラストのなかに
懐かしさとぬくもりを表現

岡学園トータルデザインアカデミー
デザインビジネス科 イラストデザインコース 1年

百瀬  渉さん

 今年1月から1年間、本誌の表紙を飾るイラストを担当する百瀬渉さんは、長野市内の専門学校でイラストやグラフィックデザインを学ぶ学生です。毎月の題材に選んでいるのは、独自の視点でとらえた季節のワンシーン。百瀬さん自身の記憶や経験の断片から、ちょっと懐かしくてあたたかみのある小さなストーリーを紡ぐような感覚で、風景を描き出します。

第10回グランプリ受賞は
イラストを学ぶ専門学校生

1月9日㈬、当会議所議員新年祝賀会で表彰式が行われた。
 当会議所では、若手芸術家の育成、支援を通じ、長野の文化向上に寄与すると同時に、彼らの表現により長野のブランドイメージを発信し、観光振興につなげていく取り組みとして、毎年「芸術家発掘コンテスト」を実施しています。
 応募者の中からグランプリに選ばれると、1年間(12回)、本誌の表紙に作品を掲載できるという副賞が贈られます。10回目を迎えた昨年、見事グランプリに輝いたのは、岡学園トータルデザインアカデミーでイラストやグラフィックデザインを学ぶ百瀬渉さんです。
 将来イラストを仕事にしたいと考えていた百瀬さんは、学校でコンテストの開催を知り、「イラストで地域に貢献できる初めての機会になるかもしれない」と、挑戦を決意。自分で定めたテーマをどう表現するか試行錯誤し、先生のアドバイスも参考に完成度を高めていきました。
 「受賞の知らせを聞いて、実はとても驚きました。友人も何人か応募していて、彼らの作品もすごくいいと感じていたので。自分が選ばれたのが心からうれしく、いい機会を与えていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです」。

思い出、経験、季節の記憶を
ぬくもりを感じさせる表現で

 季節感を表現するという応募課題に対し、百瀬さんは「自分のなかにある季節への想いを表現しよう」と考えました。懐かしい思い出、自分自身の経験、季節の記憶などを、小さなストーリーを伝える感覚でイラストに表現。そのための手法として、手描きの水彩画のようなテイストを採用し、あたたかみのあるタッチや色彩を生かしました。
 1月の主題は、雪が積もった庭先の柿の木の脇にそっと置かれた柿。百瀬さんが子どもの頃、冬によく見ていた景色だそうです。亡き祖母がいつも庭の片隅に1個だけ柿を置くのを不思議に思いながらも、当たり前の風景として受け止めていたのだとか。イラストの題材にするにあたり、子ども時代からの疑問を母に訊いてみたところ、「野鳥のためにと、おばあちゃんが置いていたことが分かったんです」。どこか懐かしさを感じさせる柿のイラストには、冬の野鳥を思う優しい祖母への想いも託されています。
 2月の主題はライチョウ。「1番寒い時期だけに、暖かな春を待ちわびる想いを雷鳥に託してみました」。白い冬毛から夏毛に変わりつつあるライチョウを通して季節のうつろいを表現し、見る人にとっても春への想いを膨らませるきっかけになりそうな風景です。 

職業としてのイラストを
改めて考える機会に

 応募作品を仕上げる過程で、百瀬さんは自分自身が変化していることを実感していました。
 「今まで自分のためのイラストしか描いていなかったことに気づかされました」。クラスの友人や家族に繰り返し見てもらい、先生のアドバイスを受けるなかで、見る人の目線や感情を意識し、「伝えるための表現」を工夫するようになったというのです。
 「イラストを職業に」という高校時代からの夢を叶えるために、描くこと、技術を磨くことを熱心に学びつつも、仕事とするにはそれだけでは足りないと漠然と感じていたという百瀬さん。今回それが何かを身をもって学び、受賞を機に「誰のための」、「何のための」イラストなのかをより深く考えるようになったと話します。
 百瀬さんが目指すのはキャラクターや背景を描くイラストレーター。2年となる今年は、「技術を高めるのはもちろん、コミュニケーション能力をしっかり身につけ、人間性も高めていきたい」と、目を輝かせます。イラストレーターとしてどんな成長を見せるのか、今後の表紙のイラストとともに、期待が高まります。
 

組 織 名 岡学園トータルデザインアカデミー
創  立 1946(昭和21)年
業務内容 「ファッション」「グラフィック、イラスト」「地域プロデュース」と、デザインを主軸に少人数制のアトリエ教育を実践。デザインに関わる幅広い分野のスペシャリストを養成している。
所 在 地 長野市岡田町96-5 TEL 026-226-5719
URL http://okagakuen.com

松本市出身。好きなイラストを仕事にしたいと考え、「イラストデザインコース」のある岡学園トータルデザインアカデミーに入学。長野商工会議所主催の「第10回芸術家発掘コンテスト」(2018年11月に実施)でグランプリを受賞し、2019年1月~12月の1年間、本誌の表紙イラストを担当。


ページ: 1 2 3