建設工業部会

 建設業界は、2020年の東京五輪や大震災以降の関連した防災対策工事などで建設投資は増加しているが、人手不足や建設資材費の高騰などによる収益性の悪化が懸念材料となっており、業界を取り巻く環境は依然厳しいものがある。
 一方、地元の中小建設企業からも建設不況の声を多く聞く中で、人材不足や資材高騰はもちろん将来の建設業を担う若手の雇用・育成など課題が多く、それらの課題解決のため他の部会及び関係団体とも連携して、地域建設業の活性化を目指していく。また、今年度も引き続き商工会議所の会員の所属部会について、建設関連部会他とも協議し整合性を図っていく。

活動計画

■主要事業

  1.  会員の所属部会の適正化
     主に建設工業部会・建設関連部会員の事業内容に合わせた適正な所属部会と構成について検討する。
  2. 建設業界の課題についての取り組み
     労働者不足、労務単価・資材高騰とともに社会保険未加入問題などについて建設関連部会他や各業界の関係団体と連携を図りながら対策を検討する。また長野市公共工事の入札・契約制度の適正化についても研究していく。
  3. 視察研修の実施
     地方らしく信州にふさわしい建設産業と関わりが大きい街づくりをしている先進地や最新の建設技術などについての視察研修を行う。
  4. 人口減少対策
     地域建設企業が活性化し雇用が安定・定着、一般人口が増加していくために、建設業の職場の労働環境改善や長野市の発注工事の100%を地元建設企業が出来るよう、また民間工事についても地元に発注するように最適化を進める。

 

■推進事業

  1. 会員増強による部会組織の強化
  2. 正副部会長会議及び部会開催
  3. 建設関連部会・長野市内建設関係団体との連携
  4. 部会員相互の情報交換会の開催
  5. その他部会に関する事業の実施

 

活動報告