建設関連部会

 人口減少に伴い、職人不足が深刻になっている中、若者を中心に建設業界の魅力を伝える活動を行い、就業増加と技術の伝承につなげる。さらに、事業所訪問等を通じて、部会員の声を聞きながら、可能な支援を行っていく。

活動計画

■主要事業

  1.  地元職人不足の解消のための育成と技術の伝承
     深刻な職人不足が懸念される中、これから就業しようとする若者などに向け、建設業界の魅力を伝える活動を行う。特に高校生の就業支援に着目し、学校への出前講座、職場体験を各事業所の協力を得ながら継続していく。
  2. 人材育成・職場環境向上に向けた取り組み
     各事業所が取り組む雇用環境の整備に向けて、国の助成金制度の活用紹介など部会として可能な支援を行っていく。さらに、高校生の新規採用を求めている事業所には、学校への求人票提出の代行を行い、円滑な雇用につなげてもらう。
  3. 地元業者の受注確保につながる取り組み
     地元業者の受注確保につながる取り組みについて、各方面に理解を求めていく。また、地元業者の受注機会、雇用の安定を図り、業界全体で地域経済の活性化につながる活動を支援していく。
  4. 一般消費者に向けた職人紹介と地元業者の良さのPR
     若者就業者向けに作成したパンフレット「建設業界おしごとガイドブック」を各機関、業界フェア等で配布し、職人の貢献度をアピールしていく。
  5. 「長野県卓越技能者」推薦に向けた取り組み
     部会事業所の中から、卓越した職人を募集し、その実績を称え、長野県で実施する「長野県卓越技能者知事表彰」に推薦書を提出してもらうよう関係機関に働きかける。

 

■推進事業

  1. 会員増強による部会組織の強化
  2. セミナーの開催
  3. 正副部会会議・部会開催
  4. 部会員の交流

活動報告