飲食観光サービス部会

 日本政府が訪日外国人旅行者数を東京オリンピックが開催される2020(平成32)年までに2,000万人とする目標の早期達成が確実な情勢の中、今まで以上にインバウンドツーリズムに対し日本経済のけん引役としての役割が期待されている。今後はより中長期的な計画に基づき、人数だけでなく消費額やリピート率など、他の指標に目を向けていくことが求められる。時代潮流を捉え、部会活動を通じて大きな波及効果の期待できる裾野の広い観光産業の発展に寄与する。
 また、部会を定例開催することで、部会員からの意見や情報を吸い上げ、ニーズに合致した部会活動を展開する。

活動計画

■主要事業

  1. 「外国人旅行者向けマップ」の普及と登録店の増強
     関係機関との連携を強化し、平成27年度に取り組んだ外国人旅行者を対象とした飲食店情報検索サイト「NAGANO Restaurant」の認知度向上を図る。さらに、登録店にとっても魅力的な広告媒体となるべく登録店数を増強するとともに、コンテンツの拡充とマップの流通拡大を図るため、利用者目線の情報発信の在り方を検討する。
  2.  ナイトマップ改訂の研究
     平成26年度に改訂した「NAGANOナイト情報vol.5」の利用状況を、平成27年度に配布拠点や広告掲載店から収集した。それらの情報を基に、次回の改訂に向けて事業実施体制や広告掲載店の増強方法、加えて告知伝達方法などを研究する。
  3. 会報を活用した長野市内イベント情報の発信
     長野市内で一定の動員が見込まれるイベント情報を、部会員が仕入れや広告宣伝など経営戦略に反映できるよう、(公財)ながの観光コンベンションビューローや各コンベンション施設と連携しながら、当所会報を通して定期的にイベント情報を発信する。
  4. 部会事業と連動した部会員の拡大
     部会員の声を基に形づくった「NAGANO Restaurant」や「NAGANOナイト情報vol.5」と連動させ、事業としてのスケールメリットを強化するために、議員選挙が実施される今年度に部会事業として部会員の拡大を図る。

 ■推進事業

1.部会(年6回)・正副部会長会議(随時)の開催。
2.部会(年6回)・正副部会長会議(随時)の開催。
3.業種あるいは各事業所単位で抱える課題や問題点の洗い出し集約後、対応策の検討。
4.「体感!!戦国の絆 信州松代真田大博覧会2016」への協力
5.会員増強による部会組織の強化・拡充。

 

 

活動報告